《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2無料試し読み


みずからの問題として大震災を考え、行動するために。被災地の復旧・復興に、原発事故への対処・管理に、次世代・未来世代に影響が及ぶ重要な意思決定をいかに行うか。専門家は、政策提言に際してどのような責任を負っているのか。全国学校図書館協議会選定図書第1章 賠償・防災・減災●契約理論で原発管理のあり方を考える (友利厚夫・荒木一法・小西秀樹)契約理論とは/原子力損害の賠償に関する法律/原子力損害賠償支援機構/契約理論から見た原賠法の精神/事故の発生と被害の拡大をもたらした原因/防災と減災の最適水準/最善の契約と損害賠償/次善の契約と安全神話第2章 疎開させるか/疎開させないか●選択当事者としての視点 (清水和巳)私はまず何をしたのか?/私の判断は根拠によって妥当なのか?/私の判断は手続きによって妥当なのか?/疎開問題が示唆すること――原発・放射能問題の「公」的性格第3章 政策提言の方法論●有識者の責任と「外部化」される政治について(河野勝)政策提言する責任と無責任/「政治の外部化」と政策提言
続きはコチラ



《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2詳細はコチラから



《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2


>>>《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2」のサービス内容次第ですが、1巻のすべてを無料で試し読みすることが可能というところも存在しています。1巻を読んでみて、「これは面白いと感じたら、続巻を有料にて入手してください」という営業方法です。
「比較することなく選択してしまった」といった方は、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えをお持ちなのかもしれないですが、細かなサービスは会社によって違いますから、比較&検討することは不可欠です。
スマホやノートブックの中に読みたい漫画を全部収納すれば、収納場所を心配する必要が一切ありません。先ずは無料コミックから目を通してみると便利さが分かるでしょう。
1ヶ月分の利用料をまとめて払えば、諸々の書籍を制限なく読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で注目を集めています。一冊ずつ購入する手間暇が不要なのがメリットと言えます。
まだ幼いときに何度も読み返した昔懐かしい物語も、BookLive「《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2」という形で読めます。小さな本屋では取り扱っていない作品も様々にあるのが特長だと言えるのです。




《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2のブックライブの情報

                    
作品名 《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2
《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2ジャンル 本・雑誌・コミック
《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2詳細 《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2(コチラクリック)
《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2価格(税込) 648円
獲得Tポイント 《当事者》としていかに危機に向き合うか:震災復興の政治経済学を求めて2(コチラクリック)


ページの先頭へ