財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか無料試し読み


「経済ニュース」にだまされるな! 2014年4月、消費税が5%から8%に引き上げられます。「日本経済は15年に及ぶデフレからようやく脱出しようとしている『病み上がり』の状態であり、ここで増税するのは、経済に悪影響を与える」という反対の声を押し切っての消費税増税です。財務省はなぜ、これほどまで強固な「増税路線」を進めることができたのか。ほとんどのマスコミも経済学者も増税翼賛路線に乗せられているのはなぜなのか。それは、財務省支配が政界やマスコミは言うに及ばず、学界にまで浸透しているからです。 しかも財務省は、決して財政再建のために消費税を増税したいわけではありません。財務省にとって関心があるのは、ただ「歳出権の拡大」です。財務省は、財政再建にも、日本経済のデフレ脱却にも関心はなく、ただ自分たちの権益を最大化することだけに邁進している集団だと、高橋氏は断言します。 なぜそのように言い切ることが可能なのか。財務省はどのようにして、政界もマスコミも学界も、自分たちの意のままに操っているのか。財務省支配のもたらす災禍とは何か、この支配を打破する方策はあるのか。 ベストセラー『さらば財務省』で知られる異色の元財務官僚、霞が関のすべてを知り尽くした高橋洋一氏が、財務省支配の秘密をわかりやすく解説します。
続きはコチラ



財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか詳細はコチラから



財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか


>>>財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかの購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか」が中高年の方たちに人気を博しているのは、幼いときに読んだ漫画を、再び気軽に読むことができるからだと考えられます。
数年前まではきちんと本という形で買っていたと言われるような方も、電子書籍を利用し始めた途端に、普通の本には戻れないということが多いのだそうです。コミックサイトも数多く存在しているので、とにかく比較してからチョイスすることが不可欠です。
BookLive「財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか」はスマホやパソコン、タブレットでDLすることができて、非常に重宝します。冒頭だけ試し読みが可能なので、それ次第で本当にそれをダウンロードするかどうかの判断を下す人も多くいると言われます。
スマホを通して電子書籍を手に入れれば、バスでの移動中や午後の休憩時間など、場所に縛られることなく楽しむことが可能だということです。立ち読みも簡単にできるので、書店に立ち寄る必要など皆無です。
BookLive「財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか」のサイトによってまちまちですが、1巻の全ページを無料で試し読みができるというところも存在します。1巻は無料にして、「エンジョイできたら、2巻以降を購入してください」という営業戦略です。




財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかのブックライブの情報

                    
作品名 財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのかジャンル 本・雑誌・コミック
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか詳細 財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか(コチラクリック)
財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 財務省の逆襲―誰のための消費税増税だったのか(コチラクリック)


ページの先頭へ