わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」のわたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋無料試し読み


がんは、不治の病ではありません。治療をしながら、入院せずに、仕事を、人生を続けていくことが十分可能になりつつあります。でも、実際に「がんと共に働く」のにはさまざまなハードルがあります。家族は、職場は、病院は、地域社会は?どうすれば、がんと共に生き、がんと共に働くことができるのか?本書では、がん患者さん、ご家族、企業、地域社会、そして医療機関。それぞれの立場で、「がんと共に働き、生きる」ことができるように、何をすればいいのか、どう考えればいいのか、をまとめました。ピーコこと杉浦克昭さんが語る「がんからの帰還」。映画「エンディングノート」監督の砂田麻美さんが明かす「お父さんとの日々」。田原総一朗さんが話す「がんで亡くした2人の妻との闘病で学んだこと」などなど。装丁は南伸坊さんの愛情溢れる似顔絵が。巻末には、がんと共に生きていくための最新Q&Aも充実しています。
続きはコチラ



わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋詳細はコチラから



わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋


>>>わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するわたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はわたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してわたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




あえて電子書籍で購入するという方が増えています。バッグなどと一緒に携帯する必要もありませんし、本を並べる場所も必要ないからなのです。プラスして言うと、無料コミックも揃っているので、試し読みも余裕です。
BookLive「わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋」を満喫したいなら、スマホが便利です。PCは持ち歩くことが不可能ですし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で閲覧するという時には、大きすぎて邪魔になると考えられます。
その他のサービスに競り勝って、近年無料電子書籍システムが一般化していきている要因としては、地元の本屋が減少し続けているということが想定されます。
手軽に無料漫画が見れるという理由で、ユーザー数が増加するのは当然の結果です。お店とは異なり、人の視線に気を配ることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍の特長だと言えます。
本の販売不振が製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを採用することによって、新たな顧客を着実に増やしています。前代未聞の読み放題というシステムがそれを現実化したのです。




わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋のブックライブの情報

                    
作品名 わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋
わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋ジャンル 本・雑誌・コミック
わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋詳細 わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋(コチラクリック)
わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋価格(税込) 1296円
獲得Tポイント わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋(コチラクリック)


ページの先頭へ