外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略無料試し読み


私は、このような投資会議にこれまでも何度か参加してきたが、今回のように、会議の多くの時間が日本株と日本円について費やされ、スピーカー同士がこれほど白熱して“日本”について議論を交わす場面は見たことがなかった。それほど、今、世界の投資家の目は、日本株と日本経済に注がれているのである。(中略)誤解を恐れずに結論を申し上げれば、日本の株式市場は、安倍政権がこれら投資家たちの認識と期待にたがわぬ政策を実施するならば、上下動を繰り返しながらも今後数年にわたって“しぶとく”上昇する可能性が高い。「アベノミクス相場」は安倍政権の放った三本の矢を受けて、日本の企業が本格的に動き始める今年10月以降が正念場となるだろう。そのとき、日本株式市場の動向を左右する外国人投資家たちの思惑と行動パターンの特徴を彼らの生の声から聞き取っておくことは、日本株への向き合い方、銘柄の選び方、売買タイミングの決定の際に、日本の投資家の皆さんを少しでも有利に導くことになると考える。本書が、日本の投資家の皆さんの「勝つ」投資に役に立つことができれば、筆者の本懐である。(「はじめに」より抜粋)
続きはコチラ



外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略詳細はコチラから



外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略


>>>外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略の購入価格は税込で「1296円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




無料コミックの場合は、買おうかどうか決断し切れずにいる漫画の内容をサービスで試し読みするということが可能です。先に漫画の展開を一定程度確認できるため、とても便利だと言われています。
最近、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが登場し注目が高まっています。1冊単位でいくらというのではなく、月額いくらという課金方法になっているのです。
小学生時代に読みまくっていた思い入れの強い漫画も、BookLive「外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略」として読めます。店頭では取り扱っていない作品もいろいろ見つかるのが魅力だと言っても過言ではありません。
コミックの発行部数は、このところ減少傾向を見せています。今までと同じような販売戦略に見切りをつけて、直接的には利益にならない無料漫画などを広めることで、新規利用者の獲得を目論んでいます。
販売部数の伸び悩みが製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は新たな販売方法を提案することにより、新規ユーザーを着実に増やしています。斬新な読み放題という利用の仕方がたくさんの人のニーズに合致したのです。




外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略のブックライブの情報

                    
作品名 外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略
外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略ジャンル 本・雑誌・コミック
外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略詳細 外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略(コチラクリック)
外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 外国人投資家はいま何を考えているのか―世界の投資家が描く日本株戦略(コチラクリック)


ページの先頭へ