東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命無料試し読み


会長と社長のいざこざの末に就任した“異例の新社長”は、10年ぶりの組織再編と事業の新しい柱をぶち上げた。しかし、社内にいくつもの“東芝”が立ち並ぶかのような超縦割り組織と、巨額投資の代償で脆弱化した財務という二つの壁が、田中久雄社長の前に立ちはだかる。田中社長が率いる東芝は、その壁を越えることができるのか。(おもな内容)●第一の宿命 社内でもカルチャーショックを受ける超縦割り組織・お家騒動の末の社長就任ゆえに気にもむ独自路線の追求・ヘルスケアを原発と半導体に次ぐ事業の柱に・図解 10年ぶりの組織再編で東芝はこう変わる・半導体と社会インフラの部門間に見えた深い溝・10年以上続く縦割り組織との戦いに終止符を打てるのか●第二の宿命 期末の“前借り”に“ワリカン”でやりくりする脆弱財務・期末に取引先で“前借り”のお願い・原発でも半導体でも競合メーカーに見劣りする財務・図解 巨額投資やりくりの秘策 東芝の“ワリカン”スキーム・ヘルスケア事業の売上高を「3年で1.5倍に」の成否・新体制図で切り分けられたテレビ・パソコン部門・Interview 田中久雄 東芝社長「組織再編後の人事で真の田中体制を実現」・特別インタビュー 成毛康雄( 東芝上席常務、セミコンダクター&ストレージ社カンパニー社長)、五十嵐安治(東芝専務、電力システム社カンパニー社長)、綱川 智(東芝メディカルシステムズ社長)『週刊ダイヤモンド』(2013年9月7日号)の第2特集と、デイリー・ダイヤモンド(http://dw.diamond.ne.jp)の記事を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれせん。
続きはコチラ



東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命詳細はコチラから



東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命


>>>東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命の購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




趣味が漫画だということをヒミツにしておきたいと考える人が、昨今増えていると言われています。自分の部屋に漫画の置き場所がないというようなケースでも、BookLive「東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命」の中だけであれば誰にも気兼ねせずに漫画を読むことが可能です。
小学生だった頃に繰り返し読んだ昔ながらの漫画も、BookLive「東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命」という形で購入できます。一般の書店では置いていないような作品も様々にあるのが利点となっています。
「通勤時間に車内で漫画本を広げるなんて絶対にできない」と言われる方でも、スマホの中に漫画を保存すれば、人目を考慮する必要はなくなります。率直に言って、これがBookLive「東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命」のイイところです。
無料電子書籍を利用すれば、暇で暇で時間つぶしが難しいということがゼロになるはずです。仕事の合間や移動中の暇な時間などでも、十分にエンジョイできるはずです。
常時新タイトルが追加されるので、何十冊読んだとしても全部読了してしまう心配は無用というのがコミックサイトの特徴です。書店には置いていないような少し前の作品も閲覧できます。




東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命のブックライブの情報

                    
作品名 東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命
東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命ジャンル 本・雑誌・コミック
東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命詳細 東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命(コチラクリック)
東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命価格(税込) 108円
獲得Tポイント 東芝 “異例の新社長”が背負う二つの宿命(コチラクリック)


ページの先頭へ