砂の民の伝説(1)砂海の風 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の砂の民の伝説(1)砂海の風無料試し読み


塩を制するものが砂の世界を制す 砂の海(ジェル・アー)に囲まれ、塩が唯一の価値を持つ大陸・トルア。 この大陸の南端、ファハン、グザナ、アルタール三国の境に「ベテゴア」と呼ばれる塩の交易都市があった。世界で唯一砂の海に開かれた都市ベテゴアを支えているのは、古より過酷な自然と戦いながらトルアに塩を運び続けた誇り高き一族、ハラクティだった。しかし、今や彼らは塩を運ぶ奴隷としてしかその存在を許されてはいなかった。 トルアの覇権を巡り野望をめぐらす三大国と暗躍する塩商人の野望とは…? ファハンの将軍の息子として生まれながら、数奇な運命に操られる青年剣士エアンを主人公に繰り広げられる。“魔法のでてこない異世界ファンタジー”であり、オリジナル異世界大河ロマンの名作「砂の民の伝説」シリーズが、電子書籍でついに復刊! シリーズ全6巻すべての巻末には新たに書き下ろされた電子書籍版あとがきも収録。●河原よしえ(かわはら・よしえ)東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。『神の禽』シリーズ(角川書店)、『ファラオを盗め!!』上下(朝日ソノラマ)、『G-SAVIOUR』上下(集英社)、『幻の将軍』上下(エニックス)、『徹底図解・古代エジプト』(新星出版)など著書多数。
続きはコチラ



砂の民の伝説(1)砂海の風無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


砂の民の伝説(1)砂海の風詳細はコチラから



砂の民の伝説(1)砂海の風


>>>砂の民の伝説(1)砂海の風の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」砂の民の伝説(1)砂海の風の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する砂の民の伝説(1)砂海の風を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は砂の民の伝説(1)砂海の風を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して砂の民の伝説(1)砂海の風を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」砂の民の伝説(1)砂海の風の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




毎月たくさん本を読む人にとっては、月額料金を払えば何冊だって読み放題で閲覧できるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに斬新だと評価できるのではないでしょうか?
本を購読する際には、BookLive「砂の民の伝説(1)砂海の風」を利用して軽く試し読みをすることをおすすめします。大体の内容や登場するキャラクター達の絵柄などを、先に見ておくことができます。
漫画の内容が不明のまま、タイトルと著者名だけで買うかどうかを決めるのは冒険だと言えます。0円で試し読み可能なBookLive「砂の民の伝説(1)砂海の風」サービスなら、大体の内容を知った上で購入するかどうか決められます。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、取扱い冊数が本屋とは比較できないくらい多いということだと考えます。売れ残って返本作業になる心配がいらないので、様々なタイトルをラインナップすることができるわけです。
「話の内容を知ってから決済したい」という意見をお持ちの利用者からしたら、無料漫画というものは悪いところがないサービスだと言えます。販売側からしましても、新しい利用者獲得に結び付くはずです。




砂の民の伝説(1)砂海の風のブックライブの情報

                    
作品名 砂の民の伝説(1)砂海の風
砂の民の伝説(1)砂海の風ジャンル 本・雑誌・コミック
砂の民の伝説(1)砂海の風詳細 砂の民の伝説(1)砂海の風(コチラクリック)
砂の民の伝説(1)砂海の風価格(税込) 486円
獲得Tポイント 砂の民の伝説(1)砂海の風(コチラクリック)


ページの先頭へ