日本人の選択 一九六〇年代 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の日本人の選択 一九六〇年代無料試し読み


安保から経済成長へ……1960年代の国政を振り返る なぜ、自民党単独政権は三八年もの長きにわたったのか? なぜ、七〇年代の保革伯仲は二大政党制へと結実しなかったのか? それらを左右した国政選挙に表現された戦後日本人の選択とは? 総選挙を軸に戦後史の流れをたどる「日本人の選択」シリーズ、「一九六〇年代」篇が登場! 日本の有権者は、断じて愚かではなかった。これからも、そうであると信じたい…。・名コピーと名セリフ・「もはや戦後ではない」・冷戦構造と日本共産党・自民党政治・対決型の政治・安保闘争・所得倍増計画vs長期政治経済計画●林 信吾(はやし・しんご)1958年、東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国に滞在。この間、ジャーナリストとして活動する傍ら、『地球の歩き方・ロンドン編』の企画と執筆に参加。帰国後はフリーで執筆活動に専念している。『青山栄次郎伝 EUの礎を築いた男』(角川書店)、『超入門資本論 マルクスという生き方』(新人物往来社文庫)など、著書多数。『反戦軍事学』(朝日新書)、『イギリス型〈豊かさ〉の真実』(講談社現代新書)などは電子版も配信されている。●葛岡智恭(くずおか・ともやす)1959年、東京生まれ。法政大学卒業後、出版社勤務を経て独立。雑誌編集、広告制作にたずさわる。林信吾氏との共著には、『大日本「健康」帝国』、『野球型vsサッカー型豊かさへの球技文化論』、『昔、革命的だったお父さんたちへ』、『日本人の選択』、『ネオ階級社会はここから始まった』(いずれも平凡社新書)、『サッカーを知的に愉しむ』(光文社新書)がある。
続きはコチラ



日本人の選択 一九六〇年代無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本人の選択 一九六〇年代詳細はコチラから



日本人の選択 一九六〇年代


>>>日本人の選択 一九六〇年代の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」日本人の選択 一九六〇年代の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する日本人の選択 一九六〇年代を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は日本人の選択 一九六〇年代を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して日本人の選択 一九六〇年代を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」日本人の選択 一九六〇年代の購入価格は税込で「106円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画ファンの人にとって、コレクション品としての単行本は大切だと理解できますが、読めるだけで満足という人であれば、スマホで読めるBookLive「日本人の選択 一九六〇年代」の方が重宝するはずです。
「比較するまでもなく選定した」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも変わらないという思いかもしれないのですが、サービスの内容は提供会社によって異なりますから、比較・検討してみることは必須だと思います。
読んだ方がよいか悩み続けている作品がありましたら、BookLive「日本人の選択 一九六〇年代」のサイトで誰でも無料の試し読みを利用するべきではないでしょうか?読んでみてつまらないと思ったら、決済しなければ良いだけです。
書籍は返品不可のため、中身を知ってからお金を払いたい人には、試し読みが許される無料電子書籍は思っている以上に重宝するはずです。漫画もあらすじを確認してから購入可能です。
コミックなどの書籍代金は、1冊ずつの代金で見れば安いと言えますが、たくさん買ってしまうと、毎月の購入代金は高くなります。読み放題を利用するようにすれば定額になるので、書籍代を抑制することができます。




日本人の選択 一九六〇年代のブックライブの情報

                    
作品名 日本人の選択 一九六〇年代
日本人の選択 一九六〇年代ジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の選択 一九六〇年代詳細 日本人の選択 一九六〇年代(コチラクリック)
日本人の選択 一九六〇年代価格(税込) 106円
獲得Tポイント 日本人の選択 一九六〇年代(コチラクリック)


ページの先頭へ