太陽が溶けてゆく海 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の太陽が溶けてゆく海無料試し読み


ネットで囁かれる、16年前に自殺したアイドルの死の真相とは! 専門誌出版社に勤める“私”は、ある日、世界的な企業である東京品川電機広報部長の神田に呼び出され、副社長の豊田と引き合わされる。神田から見せられたのは、16年前に自殺した早崎アンナの死の真相を巡る、ネット掲示板での応酬だった。そこには、早崎アンナの失恋相手が、当時、東京品川電機広報部で彼女の担当だった現部長・神田だと書かれていた。 かつて、写真誌編集部にいた私は、神田と組んで東京品川電機のCMタレントだった早崎アンナをグアムで撮影した。そのロケの2週間後にアンナが自殺したのだった。私にとっても、辛く悲しい、忘れられない事件である。 フリーペーパーの制作発注と引き替えに神田と豊田の依頼を受け、ネットの書き込みをした犯人を探るため、私は東京品川電機の社員を調べ始める。だが、そこには、次期社長の椅子を巡る派閥の熾烈な争いが……。●十河 進(そごう・すすむ)1951年、香川県生まれ。1975年に中央大学文学部文学科フランス文学専攻を卒業し、出版社に入社。広告写真誌『コマーシャルフォト』副編集長、カメラ誌『フォト・テクニック』編集長などを経て、現在は常務取締役。1999年からメールマガジン『日刊デジタルクリエイターズ』にコラム『映画と夜と音楽と…』を連載。それをまとめた『映画がなければ生きていけない1999‐2002』『映画がなければ生きていけない2003‐2006』(水曜社)によって第二十五回日本冒険小説協会特別賞『最優秀映画コラム賞』を受賞。2010年に『映画がなければ生きていけない2007‐2009』(水曜社)を刊行。
続きはコチラ



太陽が溶けてゆく海無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


太陽が溶けてゆく海詳細はコチラから



太陽が溶けてゆく海


>>>太陽が溶けてゆく海の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」太陽が溶けてゆく海の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する太陽が溶けてゆく海を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は太陽が溶けてゆく海を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して太陽が溶けてゆく海を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」太陽が溶けてゆく海の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




隙間時間を埋めるのに丁度いいサイトとして、人気が広がっているのが話題のBookLive「太陽が溶けてゆく海」です。本屋まで行ってアレコレ漫画を探さなくても、スマホが1台あるだけでスグに読めるという所が強みです。
長く続く漫画は複数冊をまとめて買わないといけないので、一旦無料漫画でちょっとだけ読むという人が多いです。やはり情報が少ない状態で書籍を買うというのはなかなか難易度が高いのです。
雑誌や漫画を含めた書籍を購入する時には、ページをめくって確認した上で決める人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みと変わらない感じで内容を閲覧するのも容易なのです。
スマホで読む電子書籍は、一般的な本とは異なり文字のサイズを自分好みに変えることが可能ですので、老眼で見えづらいご高齢の方でも問題なく楽しめるという強みがあると言えます。
BookLive「太陽が溶けてゆく海」の営業戦略として、試し読みが可能というサービスは見事なアイデアです。時間を気にすることなく物語の内容を読むことができるので隙間時間を使用して漫画を選定することができます。




太陽が溶けてゆく海のブックライブの情報

                    
作品名 太陽が溶けてゆく海
太陽が溶けてゆく海ジャンル 本・雑誌・コミック
太陽が溶けてゆく海詳細 太陽が溶けてゆく海(コチラクリック)
太陽が溶けてゆく海価格(税込) 486円
獲得Tポイント 太陽が溶けてゆく海(コチラクリック)


ページの先頭へ