景徳鎮からの贈り物 スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の景徳鎮からの贈り物無料試し読み


清国の雍正帝の父康煕帝は名君のほまれ高い人物であったが、皇太子を立てず、臨終のとき後継者を指名した。「第四皇子のインシン」、これが雍正帝である。康煕帝が最も愛していたと思われたのは、十四男であったので、世間では雍正帝派が遺言の十を消して四だけにしたのだという噂が立った。先帝がほんとうに雍正帝を使命したかどうか、きわめて疑わしい。雍正帝は即位すると、皇位継承のライバルであった兄弟たちをつぎつぎと片づけはじめた。呂留良はすでに死んだ朱子学者である。彼の著書のなかに、大逆の思想があると言うので問題になった。呂留良の墓はあばかれ遺体の首は斬られ、さらし首にされた、そればかりではない。呂留良の子の呂毅中や主な弟子までが斬刑に処せられ呂留良の孫たちは流罪になった。雍正帝の政治は、独裁恐怖政治にほかならない。――いまこそ恨みをはらそう。呂四娘の指はふるえた。彼女は雍正帝に屍体をあばかれ首をさらされた朱子学者呂留良の孫娘であった。――父を殺し、祖父をはずかしめた皇帝に復讐しよう。彼女は心にそう誓った。皇帝のそばに近づかないで、皇帝を毒殺する方法はないだろうか。景徳鎮の御器廠にもぐり込んだ呂四娘は二つの御用湯飲みに細工を施した。一つは皇帝に献上され、もう一つの湯飲みは・・・・・・。雍正十三年(一七三五)八月丁亥の日、雍正帝は病気にたおれ、二日後に死んだことになっている。だがじつは即死であった。猛毒に犯されたのだ。毒がどこからはいったのか、いくら調べてもわからなかった。
続きはコチラ



景徳鎮からの贈り物無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


景徳鎮からの贈り物詳細はコチラから



景徳鎮からの贈り物


>>>景徳鎮からの贈り物の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」景徳鎮からの贈り物の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する景徳鎮からの贈り物を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は景徳鎮からの贈り物を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して景徳鎮からの贈り物を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」景徳鎮からの贈り物の購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




ほぼ毎日新しい漫画が登場するので、毎日読んだとしても全て読み終わってしまう心配など全く不要というのがコミックサイトの長所です。本屋では扱われないマニアックなタイトルも閲覧できます。
スマホやパソコンを使い電子書籍を入手すれば、通勤途中や休憩時間など、場所を選ばずに楽しむことが可能だということです。立ち読みも可能ですから、売り場に行く必要など皆無です。
昨今のアニメ動画は若者のみが堪能するものではなくなりました。アニメを見ない人でも思わず感動してしまうようなコンテンツで、重厚なメッセージ性を秘めた作品も多々あります。
BookLive「景徳鎮からの贈り物」のサイトで違いますが、1巻丸々0円で試し読みできるというところも若干あります。1巻を読んでみて、「楽しいと感じたなら、次巻以降を有料にて入手してください」という仕組みです。
購入前に内容を知ることが可能だというなら、購入してしまってから悔やまなくて済みます。売り場で立ち読みをする時と同じように、BookLive「景徳鎮からの贈り物」におきましても試し読みをすることで、どんな漫画か確認できます。




景徳鎮からの贈り物のブックライブの情報

                    
作品名 景徳鎮からの贈り物
景徳鎮からの贈り物ジャンル 本・雑誌・コミック
景徳鎮からの贈り物詳細 景徳鎮からの贈り物(コチラクリック)
景徳鎮からの贈り物価格(税込) 324円
獲得Tポイント 景徳鎮からの贈り物(コチラクリック)


ページの先頭へ