日本人の論語(下) 『童子問』を読む スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料試し読み


伊藤仁斎は、儒学を支那(チャイナ)から取り寄せた輸入学ではなく、日本人のための人間学に転換させた最初の人物である。仁斎が著した『童子問』には、わが国の儒学の独創性が随所にちりばめられている。本書は、その『童子問』を現代語に訳し、さらに要諦を解説した一大労作。下巻では、<巻の中・第二十一章>以降を収録する。君主の人徳、倹約の心得、賞罰の判断はいかにあるべきかを唱える。例えば、次のような訓戒が並んでいる。「生まれた時代が悪いと嘆く者は仁者ではない」「文が武より上であれば、王の地位は安泰である」「師の道とは、人材を育てあげる努力である」「反省は自らを磨く砥石である」「自力で手に入れた智恵は、一生の財産になる」「学問を極めた人は相手を非難しない」「智者は無理をせず、自然の流れに従う」等々。人の世を処する智恵について、三百年後の現代人にも多くの示唆を与える。我が国独自の儒学について、古典の碩学があまさず語る。
続きはコチラ



日本人の論語(下) 『童子問』を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本人の論語(下) 『童子問』を読む詳細はコチラから



日本人の論語(下) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(下) 『童子問』を読むの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」日本人の論語(下) 『童子問』を読むの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する日本人の論語(下) 『童子問』を読むを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は日本人の論語(下) 『童子問』を読むを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して日本人の論語(下) 『童子問』を読むを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」日本人の論語(下) 『童子問』を読むの購入価格は税込で「730円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「すべての本が読み放題だとしたら、こんなに凄いことはない」という利用者の声に応える形で、「決まった金額を月額料として払えば毎回の支払いはいらない」というプランの電子書籍が登場したわけです。
購入の前に試し読みをしておもしろい漫画かどうかをチェックしてから、心配などせずに購読できるのがWeb漫画のメリットです。支払いをする前に内容を知ることが出来るので失敗の可能性が低くなります。
「あれこれ比較せずに決定した」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えでいるのかもしれませんが、サービスの内容は運営会社毎に異なりますので、比較検討してみるべきだと思います。
スマホを使って電子書籍を買っておけば、電車での移動中や休憩中など、ちょっとした時間に楽しめるのです。立ち読みも気軽にできるため、ショップまで行くことなど必要ありません。
日頃から沢山漫画を購入する人にとっては、月に一定料金を払うことでいくらでも読み放題という形で閲覧できるという購読方法は、まさしく革新的と言えるのではないでしょうか?




日本人の論語(下) 『童子問』を読むのブックライブの情報

                    
作品名 日本人の論語(下) 『童子問』を読む
日本人の論語(下) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(下) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(下) 『童子問』を読む価格(税込) 730円
獲得Tポイント 日本人の論語(下) 『童子問』を読む(コチラクリック)


ページの先頭へ