日本人の論語(上) 『童子問』を読む スマホ タブレット 電子書籍 BookLive

BookLive「ブックライブ」の日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料試し読み


江戸初期の儒学者、伊藤仁斎は、学問とは知識の競い合いではなく、人間性の修練であると唱えた。そして、『論語』『孟子』の精髄を読み抜き、日本人の感性に即した儒学を、師と弟子の問答形式を用いて叙述した。それが『童子問』である。本書は、全百八十九章から成る『童子問』を現代人が読みこなせる言葉に訳し、さらに要諦を解説する。仁斎は儒学を支那から取り寄せ、そのままを暗唱するのではなく、儒学の真髄を把握したいと考えた。儒学の目的は人間の生きるべき道を深く学び、それを実践する強い意志であることを悟り、これこそが、本来の学問であるという信念を持った。仁斎の出現により儒学は輸入学ではなく、日本人が人生の生き方を社会生活の中で、工夫する手立てとなったのである。仁・義・礼・智とは何か。人間関係の心得とは何か。人生における永遠のテーマを、親しみと温かみをこめて、諄々と説く。古典の碩学が、老若男女すべてに贈る、普遍の人間学。
続きはコチラ



日本人の論語(上) 『童子問』を読む無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


日本人の論語(上) 『童子問』を読む詳細はコチラから



日本人の論語(上) 『童子問』を読む


>>>日本人の論語(上) 『童子問』を読むの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」日本人の論語(上) 『童子問』を読むの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する日本人の論語(上) 『童子問』を読むを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は日本人の論語(上) 『童子問』を読むを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して日本人の論語(上) 『童子問』を読むを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」日本人の論語(上) 『童子問』を読むの購入価格は税込で「730円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




単行本は、書店で内容を確認して買うか否かを判断する人がほとんどだと聞いています。しかし、今日ではとりあえずBookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」で簡単に内容を確認して、それを買うか判断する人が多いようです。
漫画本を買い求めると、そのうち本棚の空きがなくなるという問題が生じます。だけどデータであるBookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」なら、どこへ収納するか悩むことから解放されるため、気軽に楽しめます。
「通勤時間に車内で漫画本を取り出すのはためらってしまう」という人でも、スマホ自体に漫画を保存すれば、人のことを考えることが不要になります。ココがBookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」の人気の秘密です。
CDを試し聞きしてから買うように、コミックも試し読みで中身を見てから買い求めるのが一般的になってきたと言っても過言じゃありません。無料コミックを上手に利用して、読みたいと思っていた漫画を調べてみましょう。
BookLive「日本人の論語(上) 『童子問』を読む」のサイト次第では、1巻すべてを無料で試し読みすることが可能というところも見られます。1巻を読破して、「楽しいと思ったら、続巻をお金を払ってダウンロードしてください」というサービスです。




日本人の論語(上) 『童子問』を読むのブックライブの情報

                    
作品名 日本人の論語(上) 『童子問』を読む
日本人の論語(上) 『童子問』を読むジャンル 本・雑誌・コミック
日本人の論語(上) 『童子問』を読む詳細 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)
日本人の論語(上) 『童子問』を読む価格(税込) 730円
獲得Tポイント 日本人の論語(上) 『童子問』を読む(コチラクリック)


ページの先頭へ